EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 INDEX

SHOEI XR-1100 の防曇性について

【投稿日】 2010年9月25日 12:50  【カテゴリー】 アパレル関連

XR-1100には防曇のピンロックシートが装着できます。

シューベルトS1もバイザーおよびシールドの内側に防曇コーティングが施されており、それはとても優秀なものです。
しかしいかんせん耐久性に不安があります。

ピンロックシートならば、だめになっても数千円の出費ですみますから、とても利に適った構造だと思います。

SHOEI XR-1100 モニター 002

まだ温暖な季節ですので、曇りに悩まされることは少ない為、実際に検証はできていません。
しかし、室内にてベンチレーションを密閉し、息をコホーコホーとやってもまったく曇る気配すらありません。

この季節とはいえこれはなかなか凄い事ですね。

シューベルトS1にて、春先に富士山で雪に降られたときは、途中からもうどうしようもなくなってシールド全開で顔面を直撃する雪に耐えましたが・・・果たしてこのピンロックならそんなシチュエーションでも曇らないという事になりますでしょうか。
あんなタフなツーリングは基本的に遠慮したいですが、性能を推し量るチャンスがあれば、それは楽しみですね。

SHOEI XR-1100 モニター 001

先日道志を走り回ってきたときも、シールド周りのトラブルに悩まされるようなことはまったくありませんでした。
これは季節柄当然ですね。

ただし、一点のみ小さな問題があります。
それは夜間などにライトが滲んで微妙な乱反射が発生することです。

シングルシールドでもプラスティックゆえ、多少の滲みなどは避けることができない問題であると思いますが、ダブルになっているとそれは明らかに「そうとわかる」ような光の不自然な反射が目に入る事となります。

そしてこの傾向は前傾になると強まってきて、アップライトに構えるとあまり気にならない感じとなります。
ピンロックは比較的簡単に外せますが、出先での着脱は難しいと思います。
ですので、暗いときはある程度我慢が必要ですが、「曇るのとどっちがいい?」と聞かれれば、「この程度の問題はどうってこと無いよ。」って答えたいと思います。
もちろん、いずれ技術が進んで改善されたとしたら・・・それに越したことはありませんね。

  1. SHOEI 自信の新作「XR-1100」モニターに当選
  2. SHOEI XR-1100 と シューベルトS1 の違い
  3. SHOEI XR-1100 の防曇性について
  4. シューベルト S1よりSHOEI XR-1100のピンロックシートの方が優秀
  5. SHOEI XR-1100とS1000RRとREV'ITと

XR-1100をネットで探す

楽天で探してみる

オンラインでは結構お安いショップも多いかな

【投稿日】 2010年9月25日 12:50  【カテゴリー】 アパレル関連

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.individualife.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/383

SHOEI XR-1100 の防曇性についてにコメントを投稿

情報の登録

【重要なお知らせ】
コメント投稿を押していただいても、スパム判定を受けてしまい投稿がすぐに表示がされない場合があります。
定期的にチェックしていますが、すぐに反映されない場合はそのようになってしまっています。
規則性が不明で原因がいまだよくわかりません・・・。

EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 ARCHIVES

SHOEI XR-1100 の防曇性について : EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 : ページトップへ