EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 INDEX

BMW SBKチーム、ミサノでは2度目の3位入賞

【投稿日】 2010年7月 1日 21:07  【カテゴリー】 S1000RR関連

今回はなんとスーパーポールでトップを獲得したTroy Corser。

チャンスさえあれば、いつでも1位が狙えそうな場所まで来た感じがありますね。
Race1では終盤、明らかにタイヤがダメになってしまいコーナーで立て続けに抜かれ、Troy Corserが走りながら首をかしげるシーンなんかも写っていました。

相変わらず絶好調なMax BiaggiがRace1・2共にトップ。
Troy CorserはRace1、3位と健闘もRece2、10位と奮わず。
いずれもリタイアのRuben Xausは来期の契約が怪しいとの噂があります。
そして、Jonathan ReaがBMWに来るとか来ないとか。
確実に結果が上向いて来ているBMW、来期は活躍目覚しいライダーが加入することとなればManufacturerでも上位が見えてくるかもしれませんね。

コンパクトなV4っていう発想がそもそも素晴らしい結果に繋がったと言えるのかもしれないAprilliaに対し、KシリーズやF-1で実績のある直列エンジンをピーキーにして圧倒的パワーを出し、それを電子制御でコントロールし尽くそうとでも言うかのようなBMW。
長年この分野を引っ張ってきた国産勢力に大きな動きが無い中、ある意味新参といえるこの2チーム。

課題は過大とも言えるパワーとタイヤの関係なのはTroy Corserの様子を見る限り、的外れな憶測では無さそうです。
車体セッティング・電子制御でこれらをどこまで最適化できるか。
パワー十分、延びしろを感じさせるS1000RR。
今後も目が離せません。

一つ気になる点は、絶対的な順位はさておき一貫して先行→追い上げられ→抜き返す事は出来ずに終了。
といったパターンが去年からずっと続いている事ですね。
一貫したチームレベルでの戦略なのか、ライダーの特性によるものなのかはわかりません。

昨年、I主将より「Troy Corserは老練なライン取りで、途中でコーサー渋滞が出来ている=ライン取りで頑張らないと低迷せざるを得ない」といった見解をいただきましたが、本質的には今年も変わらないのかもしれません。

ちなみに今回もSupaerStock1000では、Ayrton Badoviniが5連勝。
こっちは相変わらずぶっちぎりですね。

細かい情報は公式サイトへ

【投稿日】 2010年7月 1日 21:07  【カテゴリー】 S1000RR関連

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.individualife.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/348

BMW SBKチーム、ミサノでは2度目の3位入賞にコメントを投稿

情報の登録

【重要なお知らせ】
コメント投稿を押していただいても、スパム判定を受けてしまい投稿がすぐに表示がされない場合があります。
定期的にチェックしていますが、すぐに反映されない場合はそのようになってしまっています。
規則性が不明で原因がいまだよくわかりません・・・。

EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 ARCHIVES

BMW SBKチーム、ミサノでは2度目の3位入賞 : EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 : ページトップへ