EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 INDEX

土砂降り泥んこ日光ツーリング

【投稿日】 2010年4月29日 22:58  【カテゴリー】 ツーリング

遥々遠方より友人が遊びに来ていたので、日光ツーリングをご一緒しました。
構成はゼファー、883、S1000RRというしっちゃかめっちゃかな感じ。笑

札幌ナンバー

今回のツーリング、当初は秩父という事でしたが、直前で僕がいらんこと※言いまして日光に変更となりました。
これは本当に失敗でした。
※翌日仕事の人が多いということなので、高速道路主体で行き来できる目的地にしてはどうか?という提案。

宇都宮ICでおり、日光街道を走っていると本格的な雨に遭遇。
仕舞いには夕立のような豪雨にまで発展し、どうしようもなく途中の道の駅っぽいところで雨宿り。

日光街道沿いのコンビニにて

当日朝の天気予報で、「北関東は日中ところにより夕立のような激しい雨が降ります」と言っていました。
当日朝に断言されている局地予報は信じないとダメでした。

前回の富士に続いてバイクはドロドロです。

しかし1時間程度雨宿りしていると天気は快晴に。

日光駅近辺で食事をすまし、いざ、いろは坂。

幼少の頃、遠足のバスで気分が悪くなり、永遠に続くかのように思えたいろは坂ですが、オートバイで来てみると妙に短かく感じます。
対向車線もないので神経質にならず、しかし高低差のあるヘアピンをそれなりに楽しめる良い道でした。

中禅寺湖畔

中禅寺湖に到着する頃には、もう完全に予報どおり。
天気予報を軽視した報いですが、気持ちのよい気候になりツーリング気分も高まったのでよしとしましょう・・・。

そして中禅寺湖を過ぎ、ロマンチック街道を西進。
関越沼田ICを目指します。

丸沼高原付近

途中、丸沼高原は雪景色。
路面には雪はありませんし、気温も凍結するような温度ではないのですが雪解け水で路面はところどころフルウェット。
そうなると、ブラインドコーナーでは到底スピードを上げる事は出来ず手探りの運転が続きます。

春スキーが行われているスキー場なんかもあったりで、春のツーリング♪っていう雰囲気ではない道でした。
雪が無く路面が乾いている季節に来れば、なかなか楽しい道でしょう。

そして以前から見たいと思っていた吹割れの滝が街道沿いにありましたが、今回は寄らず。
次回またくるかな?しかし沼田から東京まで150キロ、ちょっと遠すぎる。
祖母が「たいした事無いあれは。」とか言っていたし、吹割れの滝を目当てに沼田に再度来るかは微妙な感じとなりました。

その後は日も傾き始めて来たので、沼田ICを目指し、そそくさと帰還することに。

関越練馬料金所付近

練馬に付く頃には日はどっぷりと暮れ。

このあと(後日)岩手を経由して、陸路にて北海道に帰るとのこと。
気をつけてお帰りください。
そしてまた懲りずにバイクで来たら、富士山いきましょう。

【投稿日】 2010年4月29日 22:58  【カテゴリー】 ツーリング

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.individualife.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/313

土砂降り泥んこ日光ツーリングに投稿されたコメント (現在のコメント数2件)

またきますよ!
しっかし本当に雨男なので秩父にしても雨がふったかもしれません。
過去の経歴で、人様の新車のレガシー・フェラーリF355・買いたてのBMW5を濡らせた実績がありますので。。。
今回883とs1000が追加されて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
次回富士山ツーの時に樹海にいきたくなるくらい反省してます(汗)

ってか仕事はやwww昨日の今日でさくっと編集してしまうとはw

投稿者: たか | 2010年4月30日 11:03

>たかさん
おつかれっした!
秩父もまあ安全とは言い切れませんが・・・、やっぱり当日朝に降るって言ってる予報は信じるべきですね。
しかも「局地的に~」とか断言しているのは。笑

とはいえこれもまたツーリング。
完全に全身浸水しなかったので、セーフです。笑

投稿者: マサ(管理人) Author Profile Page | 2010年5月 1日 01:32

土砂降り泥んこ日光ツーリングにコメントを投稿

情報の登録

【重要なお知らせ】
コメント投稿を押していただいても、スパム判定を受けてしまい投稿がすぐに表示がされない場合があります。
定期的にチェックしていますが、すぐに反映されない場合はそのようになってしまっています。
規則性が不明で原因がいまだよくわかりません・・・。

EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 ARCHIVES

土砂降り泥んこ日光ツーリング : EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 : ページトップへ