EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 INDEX

響12年は実に懐の深いウイスキー

【投稿日】 2009年11月 1日 21:42  【カテゴリー】 酒の話

またぞろ響12年をゲットしたので、ゴッドファザーとぺリエ割りでいただいてみる。

響12年

相変わらず可愛らしいミニボトル。
700ml入りのボトルはこれをそのまま大きくしたような感じです。
24角形の綺麗なデザインですね。
今回はウイスキー+アマレットでのゴッドファーザーとペリエでのハイボールをいただきます。

響12年 ディサローノ アマレット

ディサローノアマレットはかなり甘~く、冬の寒い夜に紅茶に入れると幸せになれる杏リキュール。
杏が苦手な人にはオススメできませんが、フルーティな隠し味が欲しい時にもつかえる素敵なリキュールです。

響12年 ゴッドファザー

ゴッドファーザーとは、そんなアマレットとウイスキーを7:3の割合で混ぜて作るカクテル。
7:3というのは国際バーテンダーなんちゃらのオフィシャルレシピだそうですが、個人的にはアマレットは少し控えめがいいです。
においが強すぎるので。

対する響12年。
梅酒樽熟成原酒使用であり、きわめてスムース、フルーティ。
ハイボールやジュース割りで申し分ない美味さを発揮してくれるが、甘だるいアマレットとの愛称の良さは想像に難くなく。

響12年のゴッドファザー

早速グラスに氷を用意し、響とアマレットを注ぐ。
何とも魅惑的な香り。

口に含むと甘く華やかでフルーティな香りとともに強烈なアルコールのパンチに襲われる。

これは危険な美味しさ。
5秒で酩酊しそうだ。

美味いバウムクーヘンとか、そういう類が欲しくなる!

ゴッドファザーは癖のあるウイスキーであると、アマレットの香りとぶつかり合って少しうるさく、微妙な感じになる場合もあるが、響12年ではそういったこともなくフルーティさが強調される。

これは当たりかな。
マッカランでもかなり良い感じになるけど、同等かそれ以上か?

いずれにしても、フルーティ+フルーティなら合わないはずもなく、その他のフルーツ系リキュールとの相性も気になるところです。

ラズールなんかどうだろう。色は変になってしまいそうだけど。笑

響12年

そしてお次はペリエ割り。

今回いただいた響12年はペリエとのセットで、ハイボールをいただくにはおあつらえ向き。

ハイボールレシピ

美味しいハイボールのレシピがありましたので、掲載しておきます。
氷は溶けにくい大きなものがあればべストでしょうね。

氷は大きいほど溶けにくく、なおかつ炭酸との反応も緩やかになりますから、ペリエのスパークリング感をしっかり楽しみながらハイボールをいただく上ではとても大事な要素になりますよ。

響12年 ハイボール

ハイボールはとても爽やかで、響12年のフルーティさが引き立ちます。
大きなグラスにガッー!っと注いで、ガブガブッ!っといただく。
そんな感じがとてもいいです。

響12年 ハイボール

響12年、実に死角の少ない優等生。

以下テイスティングノート。

色:琥珀色
香り:プラム、ラズベリー、パイナップル、ハチミツ
味わい:甘く口当たりが柔らか
フィニッシュ:甘い感じ、軽い酸味、スパイシー

近所のヨーカドーではまだ販売されておらず。

サントリー響12年

イトーヨーカドー

三越

【投稿日】 2009年11月 1日 21:42  【カテゴリー】 酒の話

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.individualife.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/224

響12年は実に懐の深いウイスキーにコメントを投稿

情報の登録

【重要なお知らせ】
コメント投稿を押していただいても、スパム判定を受けてしまい投稿がすぐに表示がされない場合があります。
定期的にチェックしていますが、すぐに反映されない場合はそのようになってしまっています。
規則性が不明で原因がいまだよくわかりません・・・。

EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 ARCHIVES

響12年は実に懐の深いウイスキー : EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 : ページトップへ