EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 INDEX

S1000RR production model

【投稿日】 2009年2月24日 00:09  【カテゴリー】 S1000RR関連

S1000RRの市販仕様が海外サイトでちらほらお目見えしている。

乾燥重量は183kg。

発動機は999ccのインライン4で170馬力程度とのこと。

シリンダーヘッドの小型化などなど柔軟性のある高回転エンジンで設計の自由度が高いそうな。

F-1からフィードバックがあるというが、どの程度のものだろ。

ABSとトラクションコントロール(DTC)は4モード変更可能な最新のものが装備されている。

値段は1万5千ユーロで、現在のレート的には180万円といったところ。
日本での販売価格は250万円程度になるのかな。
バイクにかけるコストではないと感じてしまう点はHP2sportと同様。
(銭がうなるほどあれば、欲しい。)

気になるお色は以下の4色。

  • Mineral Silver Metallic
  • Acidgreen Metallic
  • Thundergrey Metallic
  • Alpine White/Lupine Blue/Magmarot(M的トリコロール)

各色の違いは写真で見てみないとイメージがわかないけど、今回露出している画像はミネラルシルバーのように見える。

S1000RR production model 1

デザイン的には好きな部類。

素材感を使い分けたカウルデザインは好感が持てる。

K1200/1300Rのような独自性もなければ、HP2sportのような特異な感じもなく、ツアラー軍団のような巨大さもない。
基本的な仕様と同様に実にコンベンショナルな印象を与えてくるデザインだ。

S1000RR production model 2

基本的なコンポーネントの多くが既存の有名SSなどと同様となれば、個性の出にくい直4エンジンということで良くも悪くも一般的SSという枠組みの中に入ってくるのだろう。

車体コストとメンテナンスフィーを考えたとき、はたしてどの程度のニーズがあるか。

活躍次第というのはいささか楽観的にすぎると言えるかもしれない。

ブランディング活動の一環、と考えると、「別に売れても売れなくてもいい」というのがメーカーの本音か?
(とはいえ基本的には商売なわけで、そうとも言い切れない気もする。)

S1000RR production model 3

写っているのは試作型だけれど、壁紙ぽいものを見つけたのでご紹介。

こちら

【投稿日】 2009年2月24日 00:09  【カテゴリー】 S1000RR関連

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.individualife.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/113

S1000RR production modelに投稿されたコメント (現在のコメント数6件)

こんばんは
S1000Rカッコイイですね・・・
ただSSは国産(逆車)でもかなり
ハイパワー・スタイルのいいのが
そろってるんで個性の少ないSSでは
非常に難しいかもしれませんね
三郎さん同様、金が余ってないと??

投稿者: riki | 2009年2月27日 22:07

悪口を言うぞ。
H+Y+S+K=S1000RRに見える。
で、俺はH社契約ライダーだから、H社がある限り、そいつに乗る訳です。
でも、同時にレースが物差しだから、こいつがWSBKで勝ったら、欲しくなるかも。

ここで、スーパーバイク選手権第1戦フィリップアイランドの予選速報です。
トップタイムはプライベータDUCATIのシュムルツ。
2番手、芳賀!
注目は、6番タイムのアプリリア中野。
新規参戦でこれは立派。
ここで話がつながるのだが、同じく新規参戦のBMWはコーサー16位、チャウス20位。コーサーはトップタイムから1秒以上の遅れです。
うーむ。厳しい。

ここでスクロールして、もう少し客観的に見てみた。
レーシングデザインの流行からすると、ちょっと古いね。え?どっかの誰かのよりは新しい?
フロント半分がこの90%に圧縮されると、もっといい。
エンジンが大きいのかな。
え?どっかの誰かのよりは小さい?

多分、BMWはDUCATIマーケットを狙っている。
特に、日本の。
Vツインに対してこそ直4をぶつけたのだろう。
直4対直4という図式を描くのはおそらく的を外している。
日本車に勝ちたいのではなく、DUCATIに匹敵したいのだろう。
だから、冒頭の俺の悪口も、それで良いのだと思う。
速いという事実に高級感と所有欲のスパイス。
DUCATI1198SとS1000RR。
さあみんな、どっちを買うのかな?

投稿者: I兄貴 | 2009年2月27日 23:40

>rikiさん
どうなるのか完全に未知数ですね。
とりあえず・・・実物を拝んでみたいです。

投稿者: 三郎@マサ | 2009年2月28日 00:36

>兄貴
確かに全部合体感はありますね。
SSってどうも似通った感じになりがちではありますが、
その中でも1198なんかは頭いくつか抜けてるような良いデザインと思います。
なので848がかなり気になったりもするところではありますが・・・。

しかし予選、やはりなかなか厳しそうな感じですね。

もしDUCATIマーケットを狙っているのだとしたらば、
結構敗北しそうな気がします。笑

DUCATIのあのなんとも鋭利な雰囲気・ブランドイメージ、
今までは真逆の存在であったわけですし果たしてどの程度牙城に食い込めるか。
なんだか色々と泣かず飛ばずで終わりそうな気がしないでもないですが
BMWユーザーとしてはひとまず見守っていきたいところです。笑

投稿者: 三郎@マサ | 2009年2月28日 00:44

848いいねえ。

SSはどうしてもレースが物差しになるから、時代ごとにどれも似てくるのが宿命だね。
S1000RRは、悪口言ったけど、最新にして最良の集大成、といった感がある。
カーボンだのチタンだのを使わずに、ストック状態のウェイトをあと10kg絞れたら、良い勝負ができると思う。

DUCATIマーケット云々というのはおれの憶測だけど、価格って基本的な商品力だろ?
そうすると競合するのはDUCATI1198しかいないんだよね、このバイク。
RとかKとかFとかは、BMWマーケットという独自路線だったから、価格でぶつかっても競合しなかった。むしろ、ハーレーと競合してるくらいだ。

だけどさ、じゃあHPシリーズはなんだったんでしょうか。
われわれはどのように受け止めれば良いのでしょうか。
HP2SportとS1000RRの2台を買えば、それがわかるのでしょうか。
・・・欲しくなるね。
2台持ち込んで、サーキットで乗り比べ!
贅沢な遊びだ。

投稿者: I兄貴 | 2009年3月 1日 01:32

昨日4輪でうろついていたら現行の1198も目撃しました。
あれもやっぱりいいデザイン。
見た目スマートなのに排気は荒々しくて、
4気筒勢とはやはりいろんな意味で一線画してますね。

確かに価格という点、うっかり忘れていました。
ハーレーとBMWの競合、これは面白いですよね。
外車で2輪でツアラー?、ってくらいしか共通点の無いそれぞれのメーカーなのに。

しかしハーレーは若者に”も”大変人気という点だけは異なりますね。笑
Fシリーズって、もしかしてハーレーの若者人気を狙ってだしたのか?!

HPシリーズについては、このように話しにオチをつけることができる稀少な変態パフォーマンスを持っているバイクであると認識しております。
HP2sportってしかしS1000RRより意地を感じるバイクですよね。
4気筒軍団リリースしても、「我々は水平対向に対してネガティブなイメージを持ったわけではない」って主張しているような。

そこで合体して水冷4気筒の水平対向が登場するわけです。
・・・。

乗り比べ、いいですね。笑
壮絶に楽しそうです。
比べられるほどの技術がまだありませんが、妄想するだけタダということで。

投稿者: 三郎@マサ | 2009年3月 1日 10:43

S1000RR production modelにコメントを投稿

情報の登録

【重要なお知らせ】
コメント投稿を押していただいても、スパム判定を受けてしまい投稿がすぐに表示がされない場合があります。
定期的にチェックしていますが、すぐに反映されない場合はそのようになってしまっています。
規則性が不明で原因がいまだよくわかりません・・・。

EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 ARCHIVES

S1000RR production model : EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 : ページトップへ