EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 INDEX

F800ST値下げと09カラー

【投稿日】 2009年1月22日 22:30  【カテゴリー】 F800ST関連

もうしばらく前から海外では発売されていますが、2月の半ばには日本でも09モデルの発売が開始されるようです。

F800ST 2009年モデル1

気になるお色は、シャンパン系の薄いシルバーと濃紺系統。

F800ST 2009年モデル2

少し前のリッターツアラー軍団と同じようなカラーリングとなる。

ブルー、グラフィタン、そして今回の2色、その中から選べといわれたら、やはりブルーを選ぶ自分にとってはさほど関係のない話題ではある。

さて、そんな2009年モデルの発売にともなって、このようなプレスリリースが出た。

ビー・エム・ダブリューは19日、BMW Motorrad(BMW二輪部門)のスポーツバイク「F800S」と「F800ST」の装備内容を一新し、価格を平均で約2.1%下げると発表した。
発売は2月20日。
新価格は「BMW F800S アクティブライン(Active Line)」が112万3,500円、「BMW F800S ハイライン(Hi Line)」が129万1,500円、「BMW F800ST アクティブライン」が118万6,000円、「BMW F800ST ハイライン」が139万6,000円。
BMW F800SとBMW F800STは、従来よりスタンダードモデルの「アクティブライン」と、装備を充実させた「ハイライン」が用意されている。
今回の変更によって、アクティブラインは従来モデルより3万9,500円(S)、3万8,500円(ST)値下げされた。ハイラインは従来の装備に加え、オンボードコンピューターや LED ウインカーなどを加えつつ価格も1万8,500円(S)、7,000円(ST) 値下げされた。
そのほか、カラーバリエーションも、より商品イメージを明快に表現した体系に変更されるという。
[引用元]http://journal.mycom.co.jp/news/2009/01/19/058/

まずは値下げについて。

F800S/ST発売以降一番高く、尚且つ値引きも期待できない時期に買ったであろう僕のガッカリ感はさておき、BMW本体、そしてディーラーにとっても世界経済に翻弄された1年となった事は想像に難くない。

今回の微妙な値下げは、様々な外因によるF800の存在自由に対するジレンマを誤魔化すかのごとく、中途半端さを感じさせるものだ。

アクティブラインは大きく値下げを行いつつも、以前に戻すというレベルではなく、ハイラインはほとんどの変化も無くリクエストが多かったであろうオプションのオンボードコンピューターを標準としている。

ウインカーの輝度などはどうでも良いとして、F800シリーズの当初の目標である顧客の間口を広げるという目的の達成を考える上で、エントリーと位置づけられるであろうアクティブラインの値段を下げる必要があったのはうなずけるし、オプションでうまいこと煙に巻きながらハイラインの価格凋落を避けたのは既存顧客の多くが在庫に多く含まれているハイラインを選ばざるを得なかった事情を逆手にとったものだろう。

少なくとも、僕がディーラーで目にした何台ものS/STは全てハイラインのようで、実際ウェブなどで仕入れることが出来る情報においても、「アクティブラインは注文になり納期が3ヶ月以上となる場合がザラ」であったという。
グリップヒーターや公道では確実に役に立つABSを考えても、サーキットをもっぱら走る人以外がアクティブラインを選ぶというのはナンセンス、といった印象だ。

中古車市場をみわたしても、アクティブラインを見つけるのは困難となっている。

そう考えると、なかなかに絶妙な値段改定のようにも思える。

色については、F800シリーズデビュー時にテーマカラーのように扱われていたイエローや、意外と目立つブルーが消え、つや消し感が素敵なグラフィタンも消えた。
そしてSはレッドとラハーグレーのみとなり、STは他の一般的ツアラーと大差の無い色となった。

(注:後日、STについてはグラフィタン・ブルーも継続販売との情報をキャッチ。Sはやはり黄色は無くなるみたいです。)

まずはアグレッシブなカラーでインパクトを出し、様子を見ていた保守的な層にも受け入れられるカラーを狙い済ましたかのように出してきた、そんな雰囲気だ。

景気後退や、4輪2輪問わず乗り物の売れない時代、この程度のニュースで売り上げにさほどのインパクトがあるとも思えないが、歴史ある名門企業であるならば、景気の乱高下に右往左往しないような磐石な相撲をとっていただきたいと思う今日この頃である。

【投稿日】 2009年1月22日 22:30  【カテゴリー】 F800ST関連

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.individualife.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/91

F800ST値下げと09カラーに投稿されたコメント (現在のコメント数3件)

素敵なバイクなんだが。
パーソナルなメンタリティに対して秘密の関係をつくろうとするようなところがある、素敵なバイクなんだが。
売れない(売れてるの? 売れてたら、ごめんBMWさん)のも理解できる。
2000年紀において我々はもはや物質的未来像を見失いつつある。その方角にはより深い闇と暴力と破壊があるだけだ。欲望というエンジンを唸らせ、美しかった大地に弱者というアスファルトで舗装した高速道路を敷き、権力と支配のガソリンを燃やして疾走し続けてきた我々が単独事故を起こしたのだ。
今、僕は静かになりたい。
世界が静まるのを、静かに待ちたいのだ。
この静かなバイクが、静かに売れるような、世界を待ちたいのだ。

投稿者: I兄貴 | 2009年1月23日 01:20

こんばんは、カラーリングの変更は昨年契約時に
Dラーから聞かされておりましたが値下げのお話
は一言(あたりまえですが)もでませんでした。
個人的にはカラーに関しては今までの色使いのほう
が良いと思います・・
08年最終型ギリギリセーフとなりましたね
今回のチェンジはなんだか国産メーカーがよく
やる手法に似ている感じがしますが?

投稿者: riki | 2009年1月23日 20:28

>兄貴
おそらく静かには売れてるかもしらんです。笑
格別な個性がない分、生醤油で食べるうどんのような素材の良さで
奥の深い味わいを演出しているのかもしれませんね。
バイクは4輪ともまた違って、メンタルな部分に訴えかけてくるものが多いようにも感じます。
それは4輪があまりに古女房になってしまったからかもしれませんが。

>rikiさん
色変更はrikiさんがご契約なさった時点で既に海外では出回っていた情報でしたので、
ディーラーの方が教えてくれたのは「そういうチョイスもあるんですよ」的な良心に基づくものかもしれないですね。
バイクなどのモデルチェンジの手法についてはさほどの知識がないため、
今回のものがありふれたパターンかどうか僕には判断するすべが無かったのですが、
案外ありきたりな感じだったのでしょうか。笑

投稿者: 三郎 | 2009年1月23日 23:50

F800ST値下げと09カラーにコメントを投稿

情報の登録

【重要なお知らせ】
コメント投稿を押していただいても、スパム判定を受けてしまい投稿がすぐに表示がされない場合があります。
定期的にチェックしていますが、すぐに反映されない場合はそのようになってしまっています。
規則性が不明で原因がいまだよくわかりません・・・。

EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 ARCHIVES

F800ST値下げと09カラー : EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 : ページトップへ