EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 INDEX

サイドタンクパッド再計画

【投稿日】 2009年1月10日 22:45  【カテゴリー】 カスタマイズ

ニーグリップパッドと呼ぶのか?サイドタンクパッドと呼ぶのか?呼び方はさておき先日作成し、現在装備中となっています。

傷を防ぐという意味ではしっかり効果があってよい感じです。

しかしながらラフアンドロードの非常に耐久性がありそうなフィルムシートの厚さがあだとなって、山折り部分がなかなか貼り付いてくれず、少し浮いたままなので一部マスキングテープで固定してあったりします。

どうでもいいっちゃどうでもいいレベルなんですけど、砂とか隙間に入ると嫌だし難しいところです。

なんで、山折りになる部分を削ったものを作り直そうかと思っていたんですが・・・今回はスポンジで挑戦してみることにしました。

デイトナ クッションシート8mm 1

目的は傷防止ですが、ヒョロい僕はもう少しタンクに厚みがあったほうがニーグリップのしっかり感があがるだろうという予想と、布パンツが好きということで滑り止め的な狙いもあったりします。

デイトナ クッションシート8mm 2

ホームセンターで類似のシートが安く売ってるんですが・・・・・・・こちらのデイトナ クッションシートを既に実際に使用されていて、1年以上でも問題なく使えているというお話を伺いましたので、「安物買いの銭失い!」と心に言い聞かせながらナップスにて2枚購入しました。(多分、ホムセンのでOK。)

先日のラフアンドロードのフィルムと同じ物を作るのだとしたら1枚でいいのですが、今回はもうちょっと進化させてみようと思っています。

ちなみに買ったのは8mmです。

デイトナ クッションシート8mm 3

理想としてはこんな感じですかね。

例画像の車体がグラフィタンなので、ブルー乗り的にはイメージがわき難いものになってしまいましたが、雰囲気はご理解いただけると思います。

フィルムの時に浮きが問題となった山折り部分は削り、全体的に上に伸ばしてタンクの円形と類似したカーブを持つデザインにしよう、という計画です。

おおよそのサイズ的には、クッション1枚で片側1つ作れる感じです。

作り方としては、車体から透明ビニールを利用してトレース、そしてそれをパソコンにスキャナーにて取り込んだ後、イラストレーターにてラインを美しくして実寸印刷、それをスポンジに貼り付けワイヤー糸鋸で切り出し、ヤスリにて仕上げ、という手順が現状では一番ベストだと思います。

しかしスキャナーなどという必要性の低いものは家にはありません。

フリーハンドで描けるレベルでは限界があると思うのですが、はてさて。

とりあえず糸鋸は明日ホームセンターで買ってこようと思っています。

デイトナ クッションシート色々

さて、どうなることやら?

【投稿日】 2009年1月10日 22:45  【カテゴリー】 カスタマイズ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.individualife.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/82

サイドタンクパッド再計画に投稿されたコメント (現在のコメント数3件)

カスタムといえばパーツ、パーツと言えば高価、というドグマにとらわれていたおれとしては、君のDIY的カスタ思想にびっくりである。
がんばれ!
今日はどこのホームセンターだ?

投稿者: I兄 | 2009年1月11日 10:30

こちらのは完全に手抜きで、はさみでチョキチョキ切って終わりです(笑

BMW純正オプションなみな出来栄えを期待してます。(プレッシャー?)

投稿者: →井 | 2009年1月11日 16:23

>I兄さん
それはなんというネガティブドグマ。笑
今回のモノについてはノーチョイスな感じなので頑張ってみました。
ただしちゃんとした製品があるならば、それを付けたいですね。笑
F800とかマイナー車種は何するにしてもノーチョイスか、オーバークオリティで高価すぎるか・・・ちょっと不便です。

>→→↓↓←→←→井君
そういう作戦も全然アリと思うよ。
僕の場合図画工作が楽しくて無駄に頑張ってしまった感もありあり。

投稿者: 三郎 | 2009年1月11日 21:53

サイドタンクパッド再計画にコメントを投稿

情報の登録

【重要なお知らせ】
コメント投稿を押していただいても、スパム判定を受けてしまい投稿がすぐに表示がされない場合があります。
定期的にチェックしていますが、すぐに反映されない場合はそのようになってしまっています。
規則性が不明で原因がいまだよくわかりません・・・。

EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 ARCHIVES

サイドタンクパッド再計画 : EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 : ページトップへ