EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 INDEX

椿ラインから富士山を望む旅

【投稿日】 2008年12月29日 23:27  【カテゴリー】 ツーリング

行ってまいりました、伊豆箱根ツーリング。

数日前の冷え込みは多少緩和され、早朝の東名の厳しさを除いては比較的快適なツーリングとなりました。

今回は7名の参加となり、大いに盛り上がりました。

【およその行程】

7:00東名海老名SA集合⇒小田原厚木道路⇒真鶴道路⇒9:00湯河原マクドナルド⇒熱海ビーチライン⇒10:30伊東マリンタウン⇒11:30汐吹公園⇒折り返し的な感じ⇒12:30予定の飯屋が満席&団体入ったばかり?にて別の飯屋へ⇒椿ライン⇒15:00大観山ビューラウンジ⇒箱根ターンパイク⇒小田原厚木道路⇒18:00東名海老名SA

まず気候について。
家の前から出発した時間は5時半過ぎ、結局のところ海老名には6:20には着いてしまいました。
もうちょっとのんびりでも良かったのですが遅刻は厳禁と自分の中で位置づけていたので問題はありませんでした。
とはいえ、過ぎたるはなんとやら、とも言いますので今後の糧にしようとおもいます。
当時の気温は0度。
オンボードコンピューターの外気温計が点滅して警告してきます。
完全防備とはいえ流石にちょっと寒い感じです。
伊豆半島に突入してからは10度を上回る気温で、とても暖かくグッドコンディション。
夕暮れ迫るターンパイクにて再び5度程度のタフなコンディションとなりましたが、東名に乗ってからは7~8度で安定しはじめ家に着きました。

服装について。
ヒートテックアンダーシャツにニット、Max Fritzのプロテクターシャツ、薄手のダウンベスト(腕の動きを邪魔しない、そして胴を冷気から守る、グッドでした。)、防風専門の中綿無しのアウターといった構成でしたが、無敵でした。
ある程度の気温におけるある程度の必要最低限の保温性能と、それを上手く保持するための空気の層、そこら辺がポイントでしょうかね。
あと今回はGoldwinのフェイスウォーマーを導入しました。
通常のフリースネックウォーマーと違い、風を全く通さないため首スジの寒さは皆無、ただし後ろがビン坊ちゃまチックなので停車時の後方からの風などには弱い。前方からの風に対しては無敵。あとシューベルトS1のような入り口の狭いフルフェイスの場合、被るときのズレの影響で顔を覆うようにするにはちょっとテクニックが必要。(でもできた。)

メンバーについて。
今回はお馴染みのI主将&samuelさん夫妻に加え、初めてご一緒する方も3名加わり、総勢7名のいわゆる「マス」といって良いツーリングとなりました。
どこで休憩するにしても、観光するにしても話題や笑顔が尽きることもなく、とっても楽しい旅となりました。
皆様お世話になりました。

ライディングについて。
全般的にはマスですので当然のように安全な法規走行的なものになります。
唯一頑張ったのは椿ラインくらいですが、それでも先導のI主将の思いやり走行あっての賜物で、しかし自分の中においては新しい発見が満ちていました。
事後の理論的復習でさらに煮詰めて消化できました。
ただし大体一週間もすると忘れる人間なので、そこら辺は引き続きの予習復習が必要になりそうです。

バイクについて。
今回も保守的なマシンから、アブノーマルなマシン、そしてきわめて稀少なマシンまで、様々でした。(以下一覧:排気量順)

  • RC51 SP-2 (アブノーマルツイン)
  • TDM900 (正統派?ビッグツイン)
  • F800ST (初心者向きツイン)
  • CB750 RC42 (いわゆるマルチ的な ただし空冷)
  • Monster696 (金髪娘号)
  • CB400SB (VTEC inside的な)
  • EX-4 (そろそろレッドリスト的な)

損害について。
G9が拝借した三脚に装着時、風に煽られ転倒、レンズユニットが歪んでいるようで、アッシー交換はおそらく2万円以上かかりそうな気配。正月休みにて問い合わせも出来ず、憂鬱。
また、大観山ビューラウンジから発進する際に、バイクをこかす。
以前納車して間もない頃にこかしてからだいぶ時間もたち、油断がでたカタチ。しかし内容が良くない。不慮の事故でも地面が悪いなどでもなく、ディスクロックつけたまま動かしてしまった。
サイドバッグとスライダーのおかげで車体へのダメージはほぼなし。

そいでは、写真で振り返る~、今回のツーリング。

自宅前よりスタート!

朝の5時過ぎ、気温は0度。

海老名SA着

無事一番乗り。
流石に寒い、しかし外に居ても大丈夫って思える格好なのは心強い。

汐吹公園

メンバー集合後は一気に伊豆半島へ。
風光明媚な景色、そしてビーチラインからの素晴らしい海の眺望。

車載カメラが欲しくなる光景です。
こちらの写真は汐吹公園。
満潮北風時にはなにやら盛大な海水の吹き上げ?が観れる岩だかがあるそうですが、見た感じでは干潮のようでした。

昼飯

当初の予定では海鮮が有名な?「ふしみ食堂」で食べる予定でしたが、ライダーの集団が入ったばかりとの事で、断念。
で急遽べつの食堂へ行ったのですがお店の名前を記憶していませんでした。

アジの寿司

こちらはアジの寿司。
コンブが載っており、なかなか美味でした。
寿司はみんなでシェアしたのですが、肝心な自分の頼んだマグロのづけ丼は写真がありません。
ていうかこの時点でG9が死亡していたので、写真を撮るという行為を行う気力がなくなっていました。(控えのサイバーショットもありましたが、古いもので画質もそれなりなので、使う気がなし。)

大観山ビューラウンジ

そして〆は大観山ビューラウンジ。
綺麗な富士山、澄んだ空気。
椿ラインはとても面白いワインディングでした。

大観山ビューラウンジ 富士山

夕闇も迫り、気温も5度まで下がりました。
駐車場から発進、これからターンパイクというところでたちゴケ。
車体へのダメージがほとんどなかったのだけは幸い。

この後はターンパイクを下り、高速道路、そして海老名SAでの反省会から解散といった具合でした。

景色はどこにいっても素晴らしく、気候にも恵まれ満足なツーリングであったと思います。

椿ラインにはいずれまた行きたいところです。
参加の皆様、お疲れ様でした!
I主将の毎度の完璧なエスコート、感服です。

Goldwinのフェイスウォーマー

今回のオススメアイテム。

【投稿日】 2008年12月29日 23:27  【カテゴリー】 ツーリング

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.individualife.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/75

椿ラインから富士山を望む旅に投稿されたコメント (現在のコメント数8件)

う、馬が、馬が!!!!

そしてカメラについては、残念だったね!

内容は違うけど、今回の旅はわたしもかなり反省しました。この反省がまた新たな進歩を生む、と考えてまたがんばります。

同じ場所にいってるのに、まったく違う話になるのが、いつもいつも楽しみの1つ。なるほど、とよく思う。

また行きましょう。

投稿者: samuel | 2008年12月30日 05:43

★三郎さん
おはようございます・・・
ダメージすくないようで・・バイクも人も☆
いつもきれいな写真でいつ見ても感心します☆彡
楽しそうなメンバーと行かれ雰囲気が伝わって
きますね◎
私も3日に伊豆方面に車で参戦します・・
ちょっと寂しい限りですが
メンバーは暖をとるのに最高なんていってます?
早くバイクに乗りたーい・・
みなさん馬ですね、うまい(笑)フォトです☆彡

投稿者: riki | 2008年12月30日 10:19

遠乗りすると、いろいろと起きるよね。
疲れてくるし、環境もどんどん変化するし。
バイクはメンタル要素の強いスポーツだから、なによりも自分の心理状態がどうなっているか、が重要。
そこへ立ちゴケやカメラの損傷などがあると、ライダーにとってはかなりな試練となる。
先導車としても気になるわけだ。
が、今回の被害者たちは、皆立派でした。

先導車は万が一にもこけられないというプレッシャーもあり、未曾有の体験だったけど、面白かったよ。

椿ラインは、ちょうど3年前、初心者のくせに朝練に通いそしてこけた。こけたターンもはっきり憶えてた。
あれ以来の走行だったけど、まるで違う道に感じたよ。

バイクは楽しいね。

投稿者: I兄 | 2008年12月30日 10:50

>samuelさん
馬、なかなかいい感じにはまりました。
特に→井さん。
カメラについては、G10(後継機種)がなかなかいい感じなようなので悔しいですが前向きに。笑
今回はバイクに乗るという事を考えてみればとても有意義なものでした。
次回もまた楽しみましょう。

>rikiさん
こんばんわ!
バイクと人間のダメージはとっても軽微です。
カメラは死亡しましたが・・・。
なので写真はしばらくはクオリティが低下しそうです。
(画像加工でごまかしつつ。)
伊豆へは、バイクツーリングに車でまざる感じですか?
確かに暖をとるには最高ですね。笑

馬、食べ物もうまかったですよ。

>I兄さん
本当にメンタルが影響しますね!
ビリヤードや弓道、いままでやってきた中ではこれらに似てる気がします。
意識するとチビッて本来の実力を発揮する事はもう不可能。
そんな感じです。
I兄さんにはお世話になりっぱなしですので、いずれなにかお返しできればと思っています。
昨日もとても勉強になる内容でした。
気負わず、慢心せず、しかしチャレンジングスピリットを忘れず。
頑張っていきたいところです。

投稿者: 三郎 | 2008年12月30日 22:27

お疲れさまでした。
冬の大観山から見る富士山を何回見た事でしょうか。
最高にすばらしい景色だと思います。
また見に行きましょうね。

投稿者: yasu | 2008年12月31日 00:46

馬2号です。
確かにレッドリストですね(笑
初めて会う方の8割がzz-rと間違うのは言うまでもなく。

非常に楽しかったです。
また、よろしくどうぞ。

投稿者: →井 | 2008年12月31日 12:29

>yasuさん
是非またお願いします!
そして色々お世話になりました。
あらためてお礼申し上げます。

>⇒井さん
実に希少価値を感じるレッドリストです!
そして僕も8割な感じで。
また遊びましょう。
その前に勉学ですかね。笑

投稿者: 三郎 | 2009年1月 2日 01:16

香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

投稿者: 名無しのリーク | 2016年8月10日 18:11

椿ラインから富士山を望む旅にコメントを投稿

情報の登録

【重要なお知らせ】
コメント投稿を押していただいても、スパム判定を受けてしまい投稿がすぐに表示がされない場合があります。
定期的にチェックしていますが、すぐに反映されない場合はそのようになってしまっています。
規則性が不明で原因がいまだよくわかりません・・・。

EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 ARCHIVES

椿ラインから富士山を望む旅 : EOS7D 壁紙 メインクーン サーフィン Z3 : ページトップへ